• tawara

オススメ本・映画

最終更新: 9月17日

6アンダーグラウンド


今イチオシなのがマイケルベイ監督の「6アンダーグラウンド」。まず面白い。画が綺麗。店舗が早い。「トランスフォーマー」「バッドボーイズ」シリーズをはじめ、「アルマゲドン」「パール・ハーバー」など数々のアクション超大作を手がけてきたマイケル・ベイ監督によるNetflix映画。世界随一のスキルを持ち、過去を消して未来を変えたいと願っている男女6人のスペシャリストたちで結成されたクセ者チームが挑むミッションを、マイケル・ベイ十八番のド派手なカーチェイスやスリリングな銃撃戦を交えて痛快に描くアクション。チームのリーダーを「デッドプール」のライアン・レイノルズが演じ、「グランド・イリュージョン」のデイブ・フランコ、メラニー・ロラン、「ボヘミアン・ラプソディ」のベン・ハーディらが共演。脚本も「デッドプール」のポール・ワーニック&レット・リースが手がけた。Netflixで2019年12月13日から配信。


ジョーカー


 これはバットマンは出てこない。

 印象的だったのは、ジャックニコルソンがジョーカーだった

 第1作監督 ティムバートン

 ヒース・レジャーが強烈に印象を残した

 クリストファ・ノーラン監督作品「ダークナイト」

 正義のバットマンの対極に描かれるジョーカー

 そのジョーカーが悪への道を今回は描かれている、恐ろしくも

 悲しい狂気の映画だ。

鬼滅の刃

今話題になっているようなので(コミックがベストセラー)アニメ化されたというので

NETFLIXで観てみた。

ハマった。

アニメとしても画風がいい。

妹が鬼と化す、でも兄は人間に戻すための鬼退治の旅が続く。


ケーキの切れない非行少年たち


まだ読み始めたばかりです。「認知の歪み」「境界知能」という用語が気になって・・

昨日アマゾンから届く。

おいおいこのブログで取り上げていくつもり。


3月19日(木)「宇宙戦争」

コロナ旋風が吹き荒れている、昨今ですが、ウィルス関連の映画立て続けに「コン・ティジョン」「アウトブレイク」を観ました。( NETFLIX)

そして何故か、「宇宙戦争」スピルバーぶ監督作品(トム・クルーズ主演)これは原作がSFの大家H・Gウエルズ。ある日地下から、マシンが出てきます。もう何万年前から地下に埋めておいて、機会を伺っていた侵略者(地球乗っ取り)がある日、正体不明の稲妻に乗ってやってきて、地下に埋めておたマシンにのり地球の各地で暴れ回ると言う設定。この宇宙人、どう観ても地球人は歯が立たない。シールドに覆われていて無敵。もう絶望しかないのか。

と思った矢先、この侵略者の乗るマシンが動かなる。何故だ?何故だ?と主人公と観ている私たちも考える。

でもH・Gウエルズはすごいオチを用意していいた。彼らは地球の微生物(ウィルス)

人間が共存していたにやられてたのだった、と言う納得できるオチ。


NETFLIXでカナダ版「アウトブレイク〜感染拡大」

というドラマを観ての驚きと恐怖




2020年1月7日(火)21時より、カナダで初放映されるやいなや、同時間帯のチャンネル占有率、驚異の35.5%を記録するなど、社会現象となったTVドラマがある。それがコロナウイルスパニック・スリラー「アウトブレイク ―感染拡大―」(仏語原題:Epidemie/英題:Outbreak)だ。本作の主人公、緊急衛生研究所の所長アンヌ=マリー・ルクレール博士彼女はモントリオールで蔓延する危険なウイルスの根絶を担い、緊急衛生研究所のチームと共に容赦のない病との戦いに挑むコロナを予言、今見ても納得のいくエピソードが満載。ドラマでは110日でウィルスは収束。

最近見た中でのオススメの1本。


ABOUT ME

 テキストの例です。ここをクリックして「テキストを編集」を選択するか、ここをダブルクリックしてテキストを編集してください。文字の色やフォントなど、テキストのスタイルを変更することもできます。作成したテキストは、ドラッグ & ドロップで自由に移動できます。 

 ソーシャルメディア

メルマガ配信中

メールアドレスを登録して最新情報をGET! 

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。